一人で抱え込まないで、不妊治療で赤ちゃんは出来る

ピックアップ

後ろから抱きつく

女性の原因

不妊には色々な原因が考えられますが、その中でも女性が原因となっている場合があります。女性の原因として考えられることを3つ紹介します。女性側が原因でもしっかりと治療に取り組めば問題ありません。

詳細を読む

検査

男性の原因

不妊と聞くと女性が原因と考える人が多いですが、男性が不妊の原因となっているケースもあります。男性が原因となっている場合、どういったことが考えられるのか?紹介します。

詳細を読む

判定

治療

不妊治療をするにあたって、原因をはっきりさせる必要があります。また、その原因が分かれば治療に取り組みましょう。現在、治療方法も進歩していますので、様々な治療から自分に合った方法を選択することが出来ます。

詳細を読む

不妊とは

手を繋ぐ

定義

結婚をするということは、生涯結婚した相手と共にしたいということです。愛する相手と結婚をした場合、自然と子供がほしいといった気持ちになります。
結婚をして妊娠をするために夫婦生活を送っていたとしても妊娠できない場合があります。結婚して夫婦生活を営んでいるものの、一定期間妊娠しないといった場合には「不妊」の可能性があります。
不妊の定義として、通常の夫婦生活を送っていて一定期間妊娠しないことを指します。
一定期間というのは機関によって異なりますが、「2年間」という場合が多いです。

現状

結婚をして通常の夫婦生活を送っている場合、日本では1年内に80%、2年以内には90%という確率で妊娠しています。
高い確率のように考えるかもしれませんが、裏を返せば10組に1組のカップルが妊娠できていないのです。
また、男女どちらも不妊の疑いがない状態で排卵日に性行為を行なったとしても、妊娠する確率はわずか20%です。このように考えると、妊娠をするということは簡単なことではありません。

自分だけが不妊に悩んでいるというわけではありません。世の中には不妊で悩んでいる人が多数存在しているのです。
一人で悩まずに病院へ行って原因を追求し、適切な治療を受けましょう。そうすることで、必ずよい結果が待っています。
根気よく治療を続けましょう。

このサイトでは、不妊の主な原因と適切な治療方法を紹介します。晩婚化や少子化と言われている未来を明るくしましょう。

オススメリンク

排卵検査薬を購入するならこちら@ラッキーテスト
京都で不妊治療の相談はここで!@YOSAPARK

↑ PAGE TOP